新型コロナウイルスの影響により、入居者との面会を禁止とした介護施設へみまもりCUBEをレンタル料無償提供します

設置場所にインターネット環境不要!SIMカード内蔵型見守りカメラ「みまもりCUBE」
新型コロナウイルスの影響により、入居者との面会を禁止とした介護施設に無償提供
設置場所にインターネット環境不要!SIMカード内蔵型見守りカメラ「みまもりCUBE」
新型コロナウイルスの影響により、入居者との面会を禁止とした介護施設に無償提供
新型コロナウイルスの影響を受け、入居者との面会を禁止にしている全国の介護施設に対し、電源を入れるだけでインターネットに繋がるSIMカード内蔵型見守りカメラ「みまもりCUBE」を5月末までレンタル料無料で提供いたします。
 
【当取り組みの背景】
きっかけは、介護施設に家族が入居されている方からの「家族の状況が分からず不安です」という問い合わせの増加。現在、多くの介護施設では、厚生労働省からの「新型コロナウイルスの感染予防の観点から、面会は、やむを得ない場合を除き、制限することが望ましい」という連絡を受け、入居者との面会を禁止にしています。そのため、入居者とその家族は、会いたくても会えない状況にあるのではと考えました。家族に会えず不安に思う方や、面会禁止という心苦しい決断をした介護施設職員さんの心理的な負担軽減になればと思い、みまもりCUBEのレンタル料無償提供を決断いたしました。
 
【みまもりCUBEの特徴】
みまもりCUBEは、NTTドコモのSIMカードを利用しているため、コンセントに挿すだけの簡単な作業で設置が可能。インターネット環境がなくとも、設置後すぐに家族の様子をパソコンやスマートフォンで確認したり、会話(トランシーバーのような交互に話す方式)をしたりすることができます。一般的な見守りカメラは利用にインターネット回線を必要とするため、導入の際には、介護施設職員さんたちによる手作業での設定が必要。新型コロナウイルスの影響によって、オンラインで家族との面会を希望される方が増えている中、みまもりCUBEであれば、職員さんのわずかな作業負担で設置でき、入居者の様子を家族が確認できます。
また、みまもりCUBEには「検知機能」が付随しており、入居者が特定の行動をした際、見守る側へ、通知を届けることも可能。複数の端末で同じカメラの映像をチェックできるため、家族はもちろん、介護施設職員さんも入居者の様子を確認できます。検知機能の利用をご要望される際は、専属のオペレーターが設置場所や適切な検知設定をサポートいたします。※検知機能をご利用の場合、取り付け作業が必要となります。
 
みまもりCUBE公式ページはこちら
 
【対象者】
全国すべての入居者との面会を禁止にしている介護施設
 
【レンタル数】
100台
一施設最大4台まで
ご希望数をお申し付けください。
 
【料金】
5月末までのレンタル料無料。
※送料は1台につき1,200円
※支払い方法は代引きとなります。
 
【期間】
2020年5月31日(日)まで
※6月以降継続してご利用を希望される場合は有料となります。
 
【申し込み方法】
下記電話、もしくはメールにてお申込みください。
電話番号:0120-926-760
メールアドレス:mimamori-cube@ramrock.co.jp