会社概要

ごあいさつ

代表取締役 赤間 俊和

日本は現在、世界で1番の長寿国です。さらに、高齢化速度も世界一です。
加えて少子化問題もあり、高齢者を支える人が少なくなっていっております。
高齢者を支える人が少なくなるにつれ、高齢者の事故率も増加しています。

そこで私たちラムロックは、人の目と同じように判断し、異常を検知・通知する最先端の画像認識技術を、従来の防犯としての機能だけでなく、認知症の方の徘徊を感知する「認知症老人徘徊感知機器」として「徘徊検知」「離床検知」「服薬の確認」「危険区域への立ち入り検知」等、ご家族の方を24時間見守り、安心して生活できることを目的に見守りカメラシステムを開発しました。

『超高齢社会』さらに『人材不足・人手不足』といわれる世の中で、私たちの技術が人の目の代わりとなり、世の中を見守る事で、高齢者だけでなく、そこにいる人々が安心して暮らせる、『未来介護都市』を創っていきたい!と私たちは考えております。

株式会社ラムロック
代表取締役 赤間 俊和

弊社の「技術」はテレビや雑誌でも紹介されています

従来の類似商品が多数ある中で、「みまもりCUBE」を始め、弊社の画像認識システムは、様々な分野でご利用いただいております。 また、フジテレビの「奇跡体験 アンビリバボー」をはじめ、数々のテレビ局や新聞社、雑誌社からの取材があり、世界の最新技術として弊社の「ラムロックアイズ」の映像処理技術などを放送(または記事掲載)していただいております。

なぜ弊社の映像システムが選ばれているのか、なぜ注目されているのか、このホームページを見ていただければご理解いただけると思います。

経営理念

 人に喜ばれ、人のためになり、
幸せになる仕事を全力で行います。

  1. 人とITを結び、世の中にない新しい価値を創ります。
  2. 開発する商品を通じて、人々が快適に暮らせる世の中をつくります。
  3. 何事もはじめだけでなく、最後までやりとげます。
  4. 関わるすべてのことに、情熱を持ち続けます。
  5. 世界の人々から必要とされる企業を目指します。

会社概要

商号株式会社ラムロック
所在地

<本社>
〒820-1111
福岡県飯塚市勢田1950-1
>MAP

<研究開発福岡センター>
〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-8-33 福岡システムLSI総合開発センター
>MAP

連絡先

フリーダイヤル:0120-927-760
TEL 09496-2-3156
FAX 09496-2-3157
>お問い合わせ

設立平成20年9月18日   創業:平成11年1月
代表者代表取締役 赤間 俊和
役員藤本隆二、有田栄公、毛利美夏、萬屋菊洋
事業内容画像認識ソフトウェア開発
主な取引先福岡銀行、飯塚信用金庫

沿革

1999年有限会社ラムロック映像研究所設立
2004年画像認識技術を独自開発
 防犯監視システム「ドーベルマン」を製品化
2008年株式会社ラムロック設立
2009年介護支援システム「ラムロックシステム」の開発に着手
2012年介護支援システム「ラムロックシステム」を製品化
2013年認知症老人徘徊感知機器「ラムロックアイズ」を製品化
 厚生労働大臣が定める福祉用具に「徘徊感知機器ラムロックアイズ」が認可
 北九州市建設局河川整備課へ「河川水位検知システム」を導入
2014年経済産業省によるロボット介護機器導入実証事業の補助制度にラムロックシステムが認定
2015年認知症老人徘徊感知機器「ラムロックアイズ」の導入件数が200件を突破

交通アクセス

飯塚市街より

国道200号線バイパスを北九州方面へ「新勢田橋」信号を左折

福岡方面より

八木山パイバスから国道200号線バイパスへ

北九州方面より

北九州都市高速道路馬場山IC降車後国道200号線バイパスへ